So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

ついに襲われた!日本人カメラマン、南アで機材奪われる(スポーツ報知)

 W杯が行われている南アフリカで、ついに日本人が襲われた。在南アフリカ日本大使館によると、日本対カメルーン戦が行われたブルームフォンテーンで14日午後6時半(日本時間15日午前1時半)ごろ、取材していたフリーカメラマンの日本人男性(32)が3人組の強盗に襲われ、カメラや現金、パスポートが入ったリュックサックを奪われた。男性は、Jリーグ・ガンバ大阪のオフィシャルカメラマンとして契約しているフリーカメラマン。今回はガンバ大阪とは別件の仕事を請け負い、現地入りしていた。男性にけがはなかった。

 男性は試合後、日本戦の会場となったフリーステート競技場から2キロ離れたホテルまで徒歩で移動中に仲間とはぐれ、1人で歩いていたところを襲われた。1人に声を掛けられ立ち止まると、機材一式が入ったリュックサックを残りの2人に奪い取られたという。

 治安の悪さが開幕前から問題になっていた今大会。すでにギリシャ代表選手がホテルで盗難に遭ったり、中国、ポルトガル、スペインの各記者がパソコンやカメラ、現金を強奪される事件が発生していた。日本人が強盗被害を受けたことが明らかになったのは初めて。

 外務省領事局海外邦人安全課は「南アフリカの大使館から強盗事件の連絡は受けている。ホームページなどで注意喚起をしているので、安全のために必ず読んでほしい」と、W杯応援などで渡航中の邦人に対し、十分な用心を促している。

 【関連記事】
南アフリカ 日本大使館 カメルーン を調べる

雑記帳 アルパカ、初の毛刈り…中越地震の復興につながれ(毎日新聞)
福島県浜通りで震度5弱(産経新聞)
岡田監督が菅首相に「コンディションは徐々に上がっている」(産経新聞)
基礎収支、20年度に黒字化=民主参院選公約(時事通信)
「ファシズム」など批判的投稿 県教委の賠償、減額が確定 最高裁(産経新聞)

運転士がトイレで離席、回送列車40m動く(読売新聞)

 4日午前11時35分頃、北海道帯広市のJR帯広駅構内で、停車中の回送列車(1両編成)が、運転士がトイレに行くために運転席を離れた間に突然動き出した。

 運転士はすぐに運転席に戻ってブレーキを作動させ、列車は約40メートル進んだ地点で停止した。車内に運転士以外はおらず、けが人などはいなかった。

 JR北海道によると、列車は同11時28分に快速列車として帯広駅に到着。乗客を降ろした後、エンジンをかけたままで停車していた。線路は緩やかな下り坂になっており、同社は、ブレーキの状況について運転士から事情を聞いている。

鳩山首相、取材に応ぜず(時事通信)
【新・関西笑談】有馬温泉を売る5つの“秘策”(3)(産経新聞)
<民主代表選>菅副総理が出馬の意向示す(毎日新聞)
民主国対委員長に樽床氏(時事通信)
民主など3党の参院幹部、郵政改革法案の今国会成立へ協力確認(産経新聞)

そのときベスーン被告はメモを取る手を止めた…びっしり書き込まれたノート SS元船長第2回公判ライブ(産経新聞)

【法廷ライブ SS元船長第2回公判】(4)

 《1時間25分の休廷を挟み、調査捕鯨船団の監視船「第2昭南丸」に乗船し、顔面を負傷したとされている○○さんの証人尋問が再開された。○○さんはゆっくりとした足取りで証言台に向かった。環境保護を標榜(ひょうぼう)する米団体「シー・シェパード(SS)」元船長のピーター・ジェームス・ベスーン被告(45)は右手で左手首を握りながら、証人の動きを見つめる》

 多和田隆史裁判長「弁護側から反対尋問があります」

 《傍聴席から見て一番奥に座る男性弁護人が立ち上がり、弁護側の証人尋問が午後2時15分まで続くことを告げる》

 弁護人「シー・シェパード側からランチャーで物を撃ち込んできたのは平成21年度の23次調査期間中が初めてですか」

 証人「はい」

 弁護人「ランチャーにより撃たれた酪酸(らくさん)入りの瓶が船に着弾したのは(○○証人が負傷したとされる)平成22年2月11日が初めてですか」

 証人「はい」

 弁護人「それまでにランチャーを使用して何かが撃ち込まれたところを見たことはありますか」

 証人「ありません」

 弁護人「11日の出来事を尋ねます。ベスーンさん(被告)が乗るボートが近づいてきて、併走しているのを見ましたか」

 証人「はい」

 弁護人「そのとき、ベスーンさんがランチャーを構えているところを見ましたか」

 証人「はい」

 《弁護人は大型モニターに船の見取り図を映し出し、○○さんが当時いた場所を確認する。○○さんは左舷のコンパニオン(ブリッジ下の構造物)近くの上甲板にいたことを証言する》

 弁護人「そのとき、かぶっていたヘルメットのフェースカバー(ガード)を下ろした状態でしたか」

 証人「よく覚えていませんが、下ろしていたと思います」

 弁護人「上甲板にいるとき、海からの波しぶきをかぶることはありますか」

 証人「海の状態によります」

 弁護人「2月11日は海は荒れていましたか」

 証人「そこまで大きな波はなかったと記憶しています」

 弁護人「海水のしぶきを体に浴びる状況ではなかったということですか」

 証人「はい」

 弁護人「(ボートの上の)ベスーンさんを見たとき、フェースカバーはぬれていましたか」

 証人「よく覚えていませんが、ぬれていなかったと思います」

 弁護人「視界は悪くなかったということですか」

 証人「はい」

 弁護人「ほかの日のことでも結構ですが、フェースカバーを下ろした状態で海水を浴びた経験は?」

 証人「ありません」

 弁護人「海水が水滴より細かい霧のような状態で体にかかったことはありますか」

 証人「あります」

 弁護人「そのとき、フェースカバーを下ろしていて中に(海水が)入ってきましたか」 

 《弁護人は、フェースカバーを下ろしていながら酪酸が顔にかかったとする検察側の主張に疑問を持っているようだ》

 証人「なかったと思います」

 弁護人「さきほどの実験のようにフェースカバーを半分ぐらいまで下ろしたとき、海水のしぶきを顔に直接浴びたことは?」

 証人「ありません」

 弁護人「ベスーンさんがランチャーを発射する瞬間は見ていないと証言していましたね?」 

 証人「はい」

 《ベスーン被告が後方の弁護団の方を振り返り、しきりに何かを訴える。尋問をしている弁護人とは別の男性弁護人が小声で応じる》

 弁護人「そのとき、上方(のブリッジ)を見上げたと言っていましたね。自分の方を撃ってくると思わなかったのですが」

 証人「ランチャーの筒先がブリッジの方を向いていたので、直接狙われるとは思いませんでした」

 弁護人「身の危険は感じなかったのですか」

 《証人はすぐに返事をしない。女性通訳は少し首をかしげながら、証人の言葉を待っている》 

 証人「もう1回、お願いします」

 《弁護人が同様の質問を繰り返す》

 証人「安心はしていませんでした」

 弁護人「見上げていたとき、立ったままでしたか。かがんだり、座った状態でしたか」 

 証人「立った状態でした」

 弁護人「恐怖を感じたとき、身をかがめたり、ランチャーを凝視して自分のところに撃ってこないか確かめたいというのが一般的な心理だと思います。なぜそうしなかったのですか」

 証人「ブリッジを狙っていたので、そっちを見ました。自分が狙われるとは思いませんでした」

 弁護人「ランチャーが発射されたとき、フェースカバーはどこまで下ろしていましたか」

 証人「鼻のあたりです」

 弁護人「恐怖を感じたとき、なぜ下まで下げなかったのですか」

 証人「短い時間に起き、そこまで考えていなかったです」

 弁護人「ランチャーが撃たれてから、目などに痛みを感じるまでの時間はどれくらいですか」

 証人「5秒以内でした」

 弁護人「ガラスの破片が降ってきて、それを浴びましたか」

 証人「ありません」

 弁護人「上の方から液体が降ってきて、浴びた感触はありますか」

 証人「ありません」

 《弁護人は証人尋問を通じて、○○さんの近くに酪酸入りの瓶が着弾していない可能性をあぶり出したいようだ》

 弁護人「霧のようなものが降ってきた感触は?」

 証人「ありません」

 《さきほどベスーン被告と話していた男性弁護人が後方からノートをベスーン被告に手渡す》

 弁護人「顔に痛みを感じてからコンパニオンまで移動したときは1人で歩きましたか」 

 証人「誰かが近くにいたと思いますが、覚えていません」

 弁護人「介添えされて歩いたか、1人で歩いたかは覚えていますか」

 証人「歩いて移動したのは間違いないですが、そこは、はっきり覚えていません」

 弁護人「シャワールームに移動するとき、ガラス片を踏んだ感触は?」

 証人「ありません」

 弁護人「ジャリジャリした物を踏んだような感触はありましたか」

 証人「なかったと思います」

 弁護人「2月11日に(母船「日新丸」に乗る)船医に電話して、直接話をしましたか」

 証人「無線で話しました」

 弁護人「あなたが無線を使って、連絡したのですか」

 証人「診断してもらうために症状をしゃべりましたが…。すみません、質問の意味が分かりません」

 弁護人「直接、会話したのですか」

 証人「はい」

 弁護人「船医に様子を口頭で伝えたのですか」

 証人「はい」

 《弁護側から手渡されたノートにペンを走らせていたベスーン被告が手を止めた。ノートがわずかに傾き、書き込んでいたページが傍聴席に見えたが、半分近くが文字で埋まっていた》    =(5)に続く

【関連記事】
特集「シー・シェパード第2回公判」
特集「シー・シェパード第1回公判」「ヒャッホー」とガッツポーズ
SS代表「結論は分かっている。公正な裁判ではない」
SS船長初公判 NZでは「世界最速の英雄」「日本は船を沈めた責任を負うべきだ」
「シー・シェパード代表は間違っている」「家族恋しい」拘留の被告が激白 

「小沢氏の集中審議を」自民歴代幹事長会談(産経新聞)
結婚にまつわるイベントの、希望と実態(Business Media 誠)
巨人の野村Jrカツノリ2軍コーチが都内で接触事故 けが人なし(産経新聞)
杉並区長が記者会見で辞職表明 参院選出馬意向も(産経新聞)
口蹄疫殺処分 畜産農家の悲痛な叫び 「この1カ月生き地獄」(産経新聞)

ホテルで見晴台の床抜ける? 7人落下 山梨・富士吉田(産経新聞)

 17日午後4時50分ごろ、山梨県富士吉田市上吉田のホテル「鐘山苑」で、ホテル内の見晴台の床が抜け、転落した客が負傷したと119番通報があった。

 富士吉田消防署によると、駆けつけた救急隊が男女7人を病院に搬送した。命に別条はないとみられる。富士吉田署が事故原因を詳しく調べている。

 消防によると、7人は約3メートル下の桂川に落ちたという。

【関連記事】
のろわれている? 中国携帯メーカー、若者7人次々転落死 
黒部ダムから男性転落死 写真撮ろうとバランス崩す?
流れるプールで小4重体
警官をボンネットに乗せ走行 被告が起訴内容認める
母の日の悲劇 池に車転落、母と娘死亡 広島
中国が優等生路線に?

外来ヒナゲシ増殖中 生態系乱す恐れ(産経新聞)
大江氏、幸福実現党に入党 でも幸福の科学へは入信しません(スポーツ報知)
<電動立ち乗り二輪車>「セグウェイ」で東京湾岸を散歩(毎日新聞)
広島少年院暴行、元法務教官に2審で猶予判決(読売新聞)
<バラとガーデニングショウ>100万輪 西武ドームで開幕(毎日新聞)

【日本の城景】「岡崎城」 神君出生、今は憩いの場(産経新聞)

 薄紫のシャワーが新緑の城を彩っていた。4月末、藤棚が見ごろをむかえた愛知県岡崎市の岡崎城。約1300平方メートルの藤棚では、樹齢120年を超えた古株も盛りの花をつけていた。

 岡崎市役所観光課によると、藤棚はかつて、城の入り口付近にあったとされ、岡崎藩が5万石だったことから「五万石藤」と呼ばれている。

 藤棚や岡崎城天守閣がある岡崎公園は、約10万平方メートルの広大な敷地を有し、今は市民の憩いの場だ。

                   ◇

 文献などによると、同城は康正元(1455)年に築かれ、享禄4(1531)年、徳川家康の祖父、清康が居城とした。天文11(1542)年、家康が岡崎城で誕生。産湯に使ったという井戸が今も残る。桶狭間の戦い後、岡崎城に入城した家康は、元亀元(1570)年に浜松に移るまで、城主となった。

 城主が本多氏に代わっていた元和3(1617)年、南に附櫓、東に井戸櫓を持つ天守閣が築かれた。天守閣は明治6年から翌年にかけて取り壊されたが、昭和34年に再建された。

                   ◇

 廃城の際、城の柱3本と城内に植えてあったソテツが、近くの「カクキュー」の屋号で知られる合資会社八丁味噌の早川家に贈られた。そのソテツは、約130年たった今も生き続け、昨年も花を咲かせた。

 正保2(1645)年の創業で19代目の早川久右衛門氏(59)は、歴史が息づく城下町の歴史に触れ、「江戸時代から続く味噌づくりの製法や味を地場産業として、地域力として無くしてはいけない」と言い、城の存在とともに、「100年も200年も、未来に残していきたい」と話した。

 取材に訪れた最終日、降りしきる雨も止み、五月晴れの青空が広がった。「神君出生の城」に、元気な子供たちの声がこだました。(写真報道局 竹川禎一郎)

                   ◇

 【アクセス方法】 名鉄で東岡崎駅下車。徒歩15分。問い合わせは岡崎城(TEL0564・22・2122)。

【関連記事】
四季折々“表情”変える雄姿 甲信越紀行 松本城
島田あきお、三橋美智也さん名曲など熱唱
一乗谷朝倉氏遺跡 中世のガラス工房跡と大量のガラス玉出土
お龍と童心に返った下関
歴史の痕跡に心惹かれ…
少子化を止めろ!

介護が政治に望むこと(6)「介護福祉士からキャリアアップできる専門資格を創出し、人材確保を」―介護福祉士会・石橋真二会長(医療介護CBニュース)
豊川一家殺傷 長男を現住建造物等放火容疑で再逮捕へ(毎日新聞)
<シニアカー>事故ご用心 歩行者に追突、加害者に(毎日新聞)
<送る会>ばばこういちさん=6月4日・東京のホテル(毎日新聞)
<送る会>ばばこういちさん=6月4日・東京のホテル(毎日新聞)

ダイハツ、プロパーの三井取締役が代表権を持つ副社長に就任(レスポンス)

ダイハツ工業は、三井正則取締役が代表権を持つ副社長に昇格する人事を発表した。6月29日開催の定時株主総会とその後の取締役会で正式に就任する。

三井氏はダイハツ工業プロパー。ここ最近のダイハツの代表者はトヨタ自動車出身者に占められていた。

三井氏は1975年にダイハツ工業に入社、2004年に取締役、2006年に子会社のダイハツ九州の常務、2007年にダイハツの専務取締役に復帰した後、2008年に平の取締役となっていた。59歳。

《レスポンス 編集部》

【関連記事】
トヨタ、小澤専務が代表権を持つ副社長に昇格
スバル富士重役員にトヨタの高田常務役員が就任
ヤマハの戸上社長が正式退任へ、柳上席執行役員が社長就任
ダイハツ工業 特別編集

佐用町水害で不明男児捜索=下流域でランドセル発見−兵庫県警(時事通信)
「最終的には差別禁止法を」=自立支援法訴訟終結で原告と面会−鳩山首相(時事通信)
父親は失血死と判明 大阪・枚方の刺殺事件(産経新聞)
高速新料金本当に6月に始まるのか 国民、業者からは心配の声(J-CASTニュース)
サマランチ前会長 商業主義功罪相半ば 「国変わる」持論(毎日新聞)

無法「撮り鉄」撮られてた 大阪府警、人物特定へ JR関西線侵入(産経新聞)

 大阪府柏原市のJR関西線で今年2月、「撮り鉄」と呼ばれる鉄道ファンが撮影のため線路敷地内に立ち入り電車のダイヤが大幅に乱れた問題で、違法に敷地内に入り込んでいた数人の人物が撮影されていたことが19日、分かった。産経新聞に匿名で写真が寄せられた。鉄道営業法違反(鉄道地内立ち入り)容疑で捜査している府警にも同じ写真が送付されており、撮影の状況などから“容疑者”の可能性が高いとみて人物の特定を進めている。

 産経新聞社に郵送されてきた写真によると、線路敷地内に入り込んでいたのは4、5人の男性とみられる。うち3人は茶色や青色のジャンパーにジーパン姿で、人の背丈を越えるものも含め、少なくとも2台の三脚を設置していた。

 同封された手紙や地図によると、写真は、一団から200〜300メートル離れた線路敷地外から撮影。撮影者は、現場を通過しようとした電車が警笛を鳴らしながら徐行したために、電柱にへばりつくようにして撮影準備をしている複数の人物に気が付いたという。

 敷地内に入り込んだ人物たちは、警笛を鳴らされても動こうとせず、電車はいったん現場付近で停車し最徐行で通過。その後、同線の運行は一時見合わされ、JRの社員や警察官も駆けつけたため、居合わせたファンの間でも「あいつらが原因ちゃうの?」などと話題になっていたという。

 手紙では、このトラブルの後、JR東海道線でも同様の問題が起きたことが触れられ「残念を通り越して今後の趣味活動に対する危機感すら感じた」「ふつうの鉄道ファンとして彼らのような行動を許さないという意思表示だけはしておきたい」とも書かれていた。

 府警は、撮影された場所や状況が、実況見分などで運転士らに確認した内容とほぼ一致していることなどから、撮影されたグループの特定を進めている。

 この問題をめぐってはインターネット上でも、真偽の定かではない「現場写真」や「容疑者情報」が複数紹介されており、府警はこれらの情報も踏まえたうえで捜査をしている。

【関連記事】
「撮り鉄」の“脱線”問題 大阪府警が捜査へ
マニア暴走!乗客は大激怒 電車止めた“撮り鉄”って?
防げ「撮り鉄」暴走!山陰線は厳戒 複線化あす記念電車
“撮り鉄”運行妨害の次は“寝鉄”ソファー独占のワケ
「鉄ヲタ専用車両でーす」 暴走する一部鉄道ファンの行き着く果ては…

<山崎直子さん>聖子さんの歌でお目覚め 夫が選曲(毎日新聞)
男児ポルノサイト主宰者、東南アジアで児童買春か(読売新聞)
<ペーパーショウ>紙の魅力を再発見 東京「丸ビル」で開催(毎日新聞)
3億3000万円求め提訴=富士通3役員に投資会社−社長解任劇で(時事通信)
向精神薬、生活保護者に入手させネット転売(読売新聞)

日露首脳年内3回会談 領土問題 首相、9月に訪露(産経新聞)

 ■露大統領「逃げるつもりない」

 【ワシントン=酒井充】鳩山由紀夫首相は13日午後(日本時間14日未明)、ロシアのメドベージェフ大統領とワシントン市内で25分間会談した。大統領は、北方領土問題について「領土問題は難しい問題だが、自分はこの問題から逃げるつもりはない」と述べた。鳩山首相は、「首脳レベルの話し合いを通じて解決の道を探りたい」と応じた。

 会談後、鳩山首相は市内のホテルで記者団に「9月にロシアを訪問したい」と語った。実現すれば首相にとっては就任後初のロシア訪問となる。

 会談で、鳩山首相は北方領土問題について、「(政治と経済という)車の両輪のうち、政治の問題である領土の帰属と、帰属を画定した後の問題があり、後者は実務的に相当進んできている」と指摘した。その上で、「(領土交渉を)役所同士でやってもらちがあかないので、トップ同士で解決したい。それが唯一の手段だ」と述べた。

 首相は、6月にカナダで開かれる主要国首脳会議(G8)や11月の横浜でのアジア太平洋経済協力会議(APEC)のほか、訪露するなどして、今後、年内に3回の首脳会談に臨み、領土問題解決への道筋をつけたいとの考えを示した。

 これに対し、メドベージェフ大統領は「両首脳間で静かな雰囲気の下でじっくり協議したい」と述べた。

 領土問題をめぐっては両首脳の意欲表明と裏腹に、具体的な進展がない状態が続いている。

 一方、会談で首相は米露両国による新たな核軍縮条約「新START」調印を「歓迎する」と評価。大統領は「ロシアはハイテク分野で日本に学ぶところがある」と経済協力に期待感を表明した。

                   ◇

 鳩山首相は13日夕(日本時間14日朝)、政府専用機でワシントン郊外のアンドルーズ空軍基地を出発した。14日夜に羽田空港に到着する予定。

<日本創新党>首長らが新党 党首に山田・東京都杉並区長(毎日新聞)
パトカー衝突事故で女性が骨折 群馬県藤岡市(産経新聞)
学級崩壊リポートつるし上げ「ショックで通院」(読売新聞)
関大 「堺キャンパス」開校(産経新聞)
独法通則法改正案が衆院通過(時事通信)

兜町の覆面強盗3人逮捕(産経新聞)

 警視庁組織犯罪対策2課は12日、強盗致傷の疑いで、千葉県流山市の無職、洞下英範容疑者(21)ら3人を逮捕した、と発表した。同課によると、3人は容疑を認めている。

 逮捕容疑は3月16日午前11時40分ごろ、東京都中央区日本橋兜町のカード決済代行会社に覆面をかぶって押し入り、男性社員(51)にモデルガンを突きつけ、「金を出せ、殺したくない」などと脅迫。男性社長(30)から現金約7万円などを奪い、男性社員に骨折などのけがをさせ逃走したとしている。この事件では、白徳男被告(29)が現場で社員に取り押さえられ、強盗致傷容疑で逮捕、同罪で起訴されている。

【関連記事】
「スピード違反だよ」パトカー警官装い、現金要求
覆面パトとミニバイク衝突 三重、女子大生が重傷
タイガーマスクのマスクかぶって集団暴走 36人を検挙
コンビニ強盗、財布奪ったが…落として逃走 千葉・酒々井町
覆面の男4人組、夫婦縛り300万円強奪 愛知

プロバイダーの賠償責任を否定 最高裁が初判断(産経新聞)
ギャンブルに給与を全額投入、詐欺容疑の元課長(読売新聞)
<容疑変更>被害者に配慮「強姦」に 大分県警(毎日新聞)
<新党>平沼、与謝野氏らが結党で詰めの協議(毎日新聞)
開封職員のライターから引火か=日本医師会あて鉢植えのぼや−警視庁(時事通信)

患者の骨折り看護師再逮捕=88歳女性への傷害容疑−兵庫県警(時事通信)

 兵庫県佐用町の佐用共立病院で看護師が入院中の高齢者の肋骨(ろっこつ)を折ったとされる事件で、県警捜査1課などは4日、傷害容疑で看護師羽室沙百理容疑者(26)=傷害罪で起訴、懲戒解雇=を再逮捕した。県警によると、容疑を認めているという。
 再逮捕容疑は、昨年1月17日から19日の間、当時88歳の女性患者の胸を両手で強く押し、肋骨4本を折った疑い。
 県警によると、女性は骨折の約6カ月後に死亡。死因は慢性心不全で、県警は骨折との因果関係はないとしている。
 同病院では2008年12月8日から09年1月19日の間に75〜99歳の寝たきりの患者6人が肋骨などを骨折した。
 羽室容疑者はこれまでの調べに「人間関係に悩んでいらいらしていた」などと話し、6人全員について関与を認めているという。 

【関連ニュース】
メッセンジャー黒田さん活動再開
シー・シェパード活動家を起訴=傷害罪も、犯意否認
乗組員傷害容疑などで追送検=捕鯨妨害のSS活動家
捜査の行方見守る=行司逮捕で相撲協会
長男虐待容疑で行司を逮捕=日常的に暴力か

独禁法違反の課徴金、過去最高の360億円(読売新聞)
「大きな一歩、きちんと審理を」=決定に笑顔−面会人らに奥西死刑囚・名古屋拘置所(時事通信)
光に浮かぶしだれ桜、東京・六義園でライトアップ(産経新聞)
遮断棒折れ東海道線に遅れ(産経新聞)
「無人島の公衆電話」が受賞=パン製造のアンデルセンが童話のメルヘン大賞−広島(時事通信)
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。