So-net無料ブログ作成
検索選択

ついに襲われた!日本人カメラマン、南アで機材奪われる(スポーツ報知)

 W杯が行われている南アフリカで、ついに日本人が襲われた。在南アフリカ日本大使館によると、日本対カメルーン戦が行われたブルームフォンテーンで14日午後6時半(日本時間15日午前1時半)ごろ、取材していたフリーカメラマンの日本人男性(32)が3人組の強盗に襲われ、カメラ現金、パスポートが入ったリュックサックを奪われた。男性は、Jリーグ・ガンバ大阪のオフィシャルカメラマンとして契約しているフリーカメラマン。今回はガンバ大阪とは別件の仕事を請け負い、現地入りしていた。男性にけがはなかった。

 男性は試合後、日本戦の会場となったフリーステート競技場から2キロ離れたホテルまで徒歩で移動中に仲間とはぐれ、1人で歩いていたところを襲われた。1人に声を掛けられ立ち止まると、機材一式が入ったリュックサックを残りの2人に奪い取られたという。

 治安の悪さが開幕前から問題になっていた今大会。すでにギリシャ代表選手がホテルで盗難に遭ったり、中国、ポルトガル、スペインの各記者がパソコンやカメラ、現金を強奪される事件が発生していた。日本人が強盗被害を受けたことが明らかになったのは初めて。

 外務省領事局海外邦人安全課は「南アフリカの大使館から強盗事件の連絡は受けている。ホームページなどで注意喚起をしているので、安全のために必ず読んでほしい」と、W杯応援などで渡航中の邦人に対し、十分な用心を促している。

 【関連記事】
南アフリカ 日本大使館 カメルーン 調べる

雑記帳 アルパカ、初の毛刈り…中越地震の復興につながれ(毎日新聞)
福島県浜通りで震度5弱(産経新聞)
岡田監督が菅首相に「コンディションは徐々に上がっている」(産経新聞)
基礎収支、20年度に黒字化=民主参院選公約(時事通信)
「ファシズム」など批判的投稿 県教委の賠償、減額が確定 最高裁(産経新聞)

運転士がトイレで離席、回送列車40m動く(読売新聞)

 4日午前11時35分頃、北海道帯広市のJR帯広駅構内で、停車中の回送列車(1両編成)が、運転士がトイレに行くために運転席を離れた間に突然動き出した。

 運転士はすぐに運転席に戻ってブレーキを作動させ、列車は約40メートル進んだ地点で停止した。車内に運転士以外はおらず、けが人などはいなかった。

 JR北海道によると、列車は同11時28分に快速列車として帯広駅に到着。乗客を降ろした後、エンジンをかけたままで停車していた。線路は緩やかな下り坂になっており、同社は、ブレーキの状況について運転士から事情を聞いている。

鳩山首相、取材に応ぜず(時事通信)
【新・関西笑談】有馬温泉を売る5つの“秘策”(3)(産経新聞)
<民主代表選>菅副総理が出馬の意向示す(毎日新聞)
民主国対委員長に樽床氏(時事通信)
民主など3党の参院幹部、郵政改革法案の今国会成立へ協力確認(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。